Article

        
category - 未分類

久々の映画館

2017/ 02/ 22
                 
映画はもっぱらお家で観るようになってしまったマコPてす

冬は寒いから出たくない…

レンタルしてもいいけど、amazonのプライム動画でもちょこちょこ観れるのあるし。

しかしまあ

新作は無いし観たいのもなくなったという事で、たまには映画館で観てきましたよ。

ドクター・ストレンジ

名医のドクターが交通事故をおこし、怪我が原因で身体の自由が悪くなり、ドクターを諦めざるをえなくなった。
そこからなんやかんやで魔術師になるというストーリー。

なんでしょう?
マーベルの映画だけど最近は魔法使いがトレンドなんでしょうか?

調べてみると、この魔法使いさんはマーベルのコミックスには昔から居たらしい。

ハリーポッターとかも踏まえると、やっとこさ日本にもそういうブームが流れてきたのかもしれない。

やっぱ日本も遅れているんだな



それはさておきこの映画

なんかしっくりこない…

友達は大絶賛してたんだけど、いつものマーベルらしさが無い。

ハルク=怪力
スパイダーマン=糸出す
アイアンマン=ハイテク
アントマン=小さい

なんかこういう分かりやすいのがマーベルの持ち味っていうかアメリカンコミックスの大道なんだけど、ドクター・ストレンジってドクターなのに魔法使いになるんですよ。

んで

ドクターらしい魔法を使うかってえと、火花で輪っかを作り、そこがどこでもドアみたいにワープ空間になるとか、火花で作ったロープで敵をシバく、とか。

なんかドクターらしさが微塵も無いんですのよ

まあね
劇中に一瞬だけオペを手伝うシーンがあったから、そこだけは医者なんだよなあ~だってドクターだもの。みつを

みたいなトコはあるんだけど、コンセプトがねぇ…

ただ単に洋画とかアクションとか好きなら見応えあると思うんだけど、マーベルファンからしたら『どうした!?』と思う結構な異色なのかもしれません。

実は僕がそんなにマーベル知らないだけなのかもだけどもw

ただ、やっぱラストに続編ありそうな感じだったので、そこは期待です!

スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント