kz es4

また買った

イヤホンです
 
以前買ったzs6がまあまあ良かったのでずっと使ってたんだけど、kzの新作であり評判も悪くないので試しに買ってみました。
 
今回、kzの代名詞である『多ドラ』ではなく1DD+1BAのシンプルなハイブリッドなんだけど、zs10から新しく追加された「ネットワーク基盤」が追加されてます。
 
また
このイヤホンは安い
この辺はZSTからそうだったんで、もはや“そういうもの”になっているんだけど、参考までに見せときます。
 

Amazonでの価格
 

ギアベストでの価格
 
僕の買った時はギアベストでも1,400円だったんで、ちょっと値上がりしてますね。
 
ギアベストは海外サイトなんで届くのに1ヶ月くらいかかるんだけど、今回は海外書留をつけたんで一週間くらいで届きました。
書留も100円ちょっとだったんで安かった。
 
肝心の音なんだけど、いたってフツー。
ハイブリッドにネットワーク基盤、なんか凄そうと思うんだけど、やっぱフツー。
本当にそういう構成なんだろうか?と勘ぐってしまう程なんだけども、よくよく考えてみるとこのフツーの音を色んなメーカーは追求しているんだよね。
シングルBAだのシングルDDだの色々なタイプのイヤホンはあるんだけど、高い機種になるほどフツーっぽい音の傾向になるんだよね、そこから音の伸びや質感が違ってくるんですよね。
 
良いイヤホンはイコライザーはフラットでもショボい音にはならない
 
このes4はそっち系のノリを狙ってみたんじゃないかな?
だけどもやっぱりドライバーが大した事ないせいかそんなに気持ちの良い音は出ない、そんな感じです。
 
まあ装着感は悪くないし拘らなければ聴ける音なんでコスパは良い方だと思います。
 
しばらく通勤はコレにします















スポンサーサイト

自作イヤーピースその後

以前試した自作イヤーピース
ことごとく失敗に終わったが、敗因は芯が無い為に柔らかすぎるという事だった。
 
ネットで調べたりホームセンターなどで使えそうな素材を見てまわったが、収縮チューブが使えるというネット情報に落ち着いた。
 
イヤーピースを着けるイヤホンはkz zs6なんだけど、ステムの外形が6ミリらしい。
じゃあ内径6ミリのパイプを使えば良いのでは? となるんだけど、実際ホームセンターで6ミリのパイプにイヤホン突っ込んでみると若干スカスカ気味、これじゃあ抜けてしまうしパイプが肉厚なので使えないわけで。
 
おさらいとしてzs6のステムの外形をノギスで測った画像がネットに出てたのでよく見てみると、6ミリぽいけど詳しくは5.9・8ミリくらい。
やはりパイプとして5.8ミリくらいが丁度よさげ
 
しかしそんな都合よく5.8ミリのパイプは転がっていない、ネットで調べたらある事はあるんだけど、アルミのやつかカーボンのやつ。 シリコンゴムなら良かったんだけどこの辺はまたシリコンハウスあたりで探してみよう
 
さて
実際に収縮チューブをある程度の太さの棒に被せて熱する訳なんだけど、ドライバーが大体5ミリの太さだったんでそれでやってみた。
 
案の定抜けなくなったw
 
最初からわかっていたけど、ある程度グリグリすれば取れると思っていた、実際抜ける時もあるもんで。
しかし今回は妙にかたくて抜けなかった。
 
作戦変更という事で収縮チューブを直に熱した。
ある程度縮んだらオッケーとする。
 
収縮チューブは収縮する大きさに限界があるのでペチャンコまで縮む事は無いんですね。
 
とりあえず芯ができたのでポンチで穴を開けた耳栓を付けてみる が… これがなかなかうまくいかない。
まあすんなり入らんだろうとは思っていたが…。
 
ピンセットを使ってなんとか取り付け、芯を良い感じの長さで切る。
なんだかんだでイヤーピース自体は完成。
 
しかし
やはり直に熱して縮めた収縮チューブの穴が小さく、ステムにうまく被らない。
ラジオペンチで穴を広げてから被せてみた。

やればできるもんである
 
今回、芯を入れたから装着感の悪さは殆どありませんでした。
コンプライと比べてもあまり遜色ないつけ心地と遮音性かなと思います。
 
ただ、やはり芯と耳栓を接着してないので今ひとつの感覚があります。
これを接着するのは思ったより難しいので、今後の課題として考えておきます。

自作イヤーピース

毎日の通勤にイヤホン使ってます
kz zs6です
エティモのER4Pは梅雨時期なので使うのを控えてます
 
さて
 
zs6なんだけど、純正のイヤーピースがしっくりこなかったのでコンプライに替えて使ってるんだけど、まあ音が良い感じになる。
低音も高音も鳴らすべくトコがしっかり聴こえるようになるんですよ、さすが人気あるだけの事はあります。
 
ただ、高いんですよね。
千円以上するもんでポンポンと買えないのが現状
 
そんなコンプライ
最近遮音性が落ちてきた
フツーのイヤーピースはシリコンゴムに対してウレタンで出来ているコンプライ、音質は良いんだけど寿命が短いらしい。
コンプライの高音質化は遮音性が優れているから生まれる訳であって、遮音性が低かったら他のウレタン系のイヤーピースであっても低音質になってしまう。
 
今回、ネットで見たやり方でなんとかイヤーピースが作れないかやってみた。
 
ウレタン系の耳栓とポンチ
 
耳栓はAmazonにて500円弱、セットなのでこの値段だけど単品なら1つ50円弱、ポンチはコーナンで250円くらい。
 
耳栓をコンプライと比較してみるとこんな感じ

 
けっこう長いので半分くらいカッターで切ってみます

 
思ったより最後の方が切り離せなかったのでてこずりましたw

 
あとはパンチで穴空けです
これも最後の貫通しきるトコがなかなかうまくいかなくててこずった
ウレタン系は縮むと切りにくいな

 
とりあえずzs6用ともうひとつER4P用のも作ってみました
 
実際に装着してみると長さが長すぎる事に気付き、更に短くしました。

わりとアリっちゃあアリかな?
装着感もまんざらでもない
 
ただやっぱり中に芯が入ってないのでヤワな感じ
遮音性も低いのでどうなんだろう? 使えるのか?
 
芯が無い分コンプライより薄い装着感になる為、耳の穴が小さい人には良いかもしれない。
特にzs6はステムが太いのでこれくらいスリムに付けられるのは嬉しいね
 
一方のER4P用のは穴が小さ過ぎて付けれたもんじゃありませんでした。
ステムが2ミリ弱あるのに対し1ミリのポンチ使ったせいだろうけど、ここまで無理とは思ってなかったもんで。
 
まあ
まだまだ改良の余地はあるけど使えなくはない事は実証できたんじゃないかなと思います。

続 マコピーのおしねまチェック

ゴールデンィークは満員で観れたもんじゃなかったから今日行ってきた♪

レディプレイヤー1
 
この映画はVRゴーグルから見る世界がストーリーとなっているので、高いけど4DMAXで観ました!
 
いや~ おもしろいですね♪
ぶっちゃけ3Dの恩恵はあんまりなかったんだけど、シートが傾いたりするのは臨場感がありました。
アレってスターウォーズだとファルコン号が飛んでる時くらいしか意味なかったように感じたから、ぶっちゃけいらなくね?て思ってたんだけどねw
 
テレビのCMでキングコングやTレックスに追われてるシーンをよく見るんだけど、あれ冒頭なんだよね。
主人公がバックトゥザ・フューチャーのデロリアンに乗ってレースするんだけど、アキラの金田モデルのバイクに乗った女の子に出会う。
そんな始まり
 
1番ゾクゾクするトコなんだけど、けっこう早めに終わっちゃう。
そっからはわりとフツーの映画なんだけど、ちょくちょく他の映画のセットやパロディネタ入れてくるから映画好きにはたまらない仕上がりになってると思う。
 
ネットの書き込みでも評価高いのはこういうスパイスが効いてるからかもしれませんね
おしまい

マコピーのおしねまチェック

仕事終わってから観に行ってきた
夜9時に始まるからそれまでダルかったw

パシフィック・リム アップライジング
 
前作の方が円谷プロっぽかったけど、今回の方が楽しめた♪
そんだけ!
06 | 2018/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
マコぴー
プロフィール

管理人マコぴー

Author:管理人マコぴー
好きな食べ物 / おいしいもの
好きな女性  / おいしい子
好きなこと  / おいしい子とおいしい事


今のおうちで幾年か
そろそろ引っ越したい今日この頃…

そうだ!シャンバラへ行こう♪

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
チャット